付けまつげとまつげエクステの違い

まつげメイクに関して分からないことだらけの私に美容師の仕事をしている友人が質問してきました。

「ところで君は付けまつげとまつげエクステは何が違うのか理解しているのかな?」

私は首を横に振りました。

付けまつげは私もある程度分かるものの、まつげのエクステ技術に関してはサッパリなのです。

「それじゃ基本から教えてあげよう。まつげエクステは『まつげエクステンション』の略称で、人工のまつげを自分のまつげに付け足す技術の事を言うんだ。まつげが長く濃く見える流行最先端の美容法だね」

「人工のまつげというと付けまつげとあまり違わないような気がするけどな」

「とんでもない!」

友人は私の発言に憤慨したようでした。

「付けまつげは自分のまつげの生え際に重ねるんだけど、接着するための根元が存在するためにどうしてもある程度不自然になってしまうんだ。もちろん根元部分を透明にしたり、アイラインで上手く隠したりは出来るけど、完全に誤魔化すことは出来ない」

「そういえばアイメイクがやたらと濃い女性をしばしば見かけるね」

「その点まつげエクステはナチュラルさが全然違うのさ」

友人は力説しました。

友人は付けまつげと比較した場合のまつげエクステの利点を説明してくれました。

「最大の特徴は『自然さ』なんだ。自分のまつげ一本一本に人工のまつげを専用接着剤で取りつけていくので、見た目は本物のまつげと寸分違わない出来上がりになる。しかも付けまつげはつけっ放しは厳禁だが、まつげエクステは施術後三週間から一か月程度は付けたままで大丈夫なんだ。それに汗などの水分にも強いからスポーツする人にもお勧めだよ。プールで泳ごうと温泉につかろうと平気だし、そのまま眠ってもOKだ。本当に『まつげの長い人』にナチュラルになれるんだ」

「そんなに良いことずくめならどうして皆まつげエクステにしないのかな?」

私の疑問に友人は渋い顔をしました。

「それはやっぱり価格によるところが大きいな。付けまつげは安ければ数百円のものも有るのに対し、専用のサロンでエクステを依頼すると大体五千円以上はするからね。お店によっては数万円するところもある」

「それは結構な出費になるね」

「でも『自然なまつげ美人』になりたいなら僕は断然まつげエクステを推すけどね」

友人の言葉に私は頷きました。